arpingコマンド

arping

 

【カテゴリ】 ネットワーク
【説明】 ARPリクエストをリモートホストに送信する
【書式】 arping [オプション] -l インターフェイス 宛先ホスト名
【オプション】 -A・・・対象IPアドレスのARPキャッシュを強制的に更新。ARP REQUESTの代わりにARP REPLYを使用。
-U・・・対象IPアドレスのARPキャッシュを強制的に更新。ARP REPLYは返ってこない。
-c 回数・・・送信するARP REQUESTの回数を指定
-f・・・最初に送ったARP REQUEST宛先から返信が来た時点で終了
-i インターフェイス・・・ARPリクエストを送信するネットワークインターフェイスを指定
-q ・・・結果を出力しない
-s 送信元アドレス・・・ARPパケットに入れる送信元アドレスを指定
-w 秒数・・・タイムアウトを秒数で指定。
【実行例】

□ ARPリクエストをリモートホストに送信する(root権限が必要)

$ arping 192.168.1.10

□ 回数を指定してARPリクエストを10回リモートホストに送信する(root権限が必要)

$ arping -c 10 192.168.1.10


>> コマンド一覧「a行」に戻る <<
>> コマンド全体一覧に戻る <<

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2014年9月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る