Linuxとは

2012年4月29日 | | コメント/トラックバック (0)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check


Linuxとは、Windowsと同じくOSであり、UNIXの流れをくむOSの一つ
となります。

「OS」というのは、コンピュータを使うのに不可欠な
基本ソフトウェアです。

OSには、パソコンやキーボード、マウス、モニタといったさまざま
なハードウェアの機能を制御します。
実は、Linuxは、カーネルと呼ばれるものを指します。

カーネルは、LinuxがOSとしての働きを実現するために不可欠な機能
をすべて備えています。ハードウェアのコントロールを中心とする
基本機能、アプリケーション ソフトの動作環境を整えたり実行状態
を管理したりする機能、ファイル システムを提供する機能などは、
すべてカーネルに含まれています。

Linuxカーネルは、Linuxシステムの中心的な役割を果たす重要な部分
で、非常に多くの機能を備えています。ただ、意外なことに、
その多機能なカーネル自身は、自発的には何もしません。
普段はじっと待機しているだけなのです。

ところが、外部にあるコマンドやアプリケーションソフト、あるいは
周辺機器などから何らかの”通達”が届くと、カーネルはとたんに
仕事を始めます。 best mobile porn 

たとえば、あるソフトウェアがハードディスク上のデータを
読み取ってほしい、と伝えると、カーネルはそれに応えて所定の
処理を行い、結果をそのソフトウェアに返します。
あるいは、ソフトウェアの実行中に何らかの異常が生じると、
プロセッサがエラー発生を伝え、カーネルはそのエラーの内容に
応じて処理をやり直したり中断したりします。

このように、外部のイベントが動作を引き起こす形になっている
プログラムを「イベント駆動型」と言います。カーネルは、
ある一定の処理を順番に実行していく通常のプログラムとは違い、
さまざまな処理を臨機応変に実行しなければならないため、
イベント駆動型のプログラムとして作成されているわけです。

カーネルに伝えられるイベントには3つの種類があります。
外部機器からの「ハードウェア割り込み」、CPU内でエラーが
起きたときに発生する「CPU例外」、そしてコマンドや
アプリケーションソフトからの「システムコール」です。
カーネルの内部には、各イベント専用の「ハンドラ」と呼ばれる
プログラムが用意されており、イベント発生を捉えると、
他のカーネル機能と協調してそれぞれ適切な処理をするように
なっています。



>> Linux入門目次 <<

おすすめノートパソコン
おすすめ書籍「これならわかる!シリーズ」
おすすめパソコン書籍
美女iPhone
美女C言語
美女Java
アイドルグループ「BLIX」メンバー募集中